イミダペプチドの効果

イミダペプチドの効果

イミダペプチドはアミノ酸結合体でヒスチジンとアラニンの二つのアミノ酸が結合したペプチドです。

 

主にマグロやカツオ・鳥の胸肉などといった食品に豊富に含まれている栄養素で、優れた抗酸化作用があることから特に疲労回復に絶大な効果があるとされています。

 

抗酸化作用とは疲労の原因や様々な病気の原因ともなる活性酸素を抑えるというような働きのことで、このイミダペプチドにこの抗酸化作用が強いということから、素晴らしい疲労回復効果が期待できるというわけです。

 

マグロなどの回遊魚が泳ぎ続けられるのは、しっぽの部分にイミダペプチドが豊富に含まれているからであるとされており、鳥が羽ばたき続けることが出来る秘訣も、羽の付け根にイミダペプチドが数多く存在するという事にあるとされています。

 

イミダペプチドのこの疲労回復効果は臨床試験によって得られた、確かな効果があることが認められており、目安としては毎日200mg摂取し続けることでその効果が期待できるとされています。

 

さらにイミダペプチドには最近認知症に対しても予防効果があることが判明されたとされています。

 

副作用についても今のところ特に報告されておらず、安全性も保証されているので安心して摂取することができます。