イミダペプチドの摂取方法

イミダペプチドの摂取方法

疲労回復の効果が高いと注目されているイミダペプチドという成分は、ヒスチジンとアラニンという2つのアミノ酸が結合されたアミノ酸結合体で、何千キロという長距離を飛び続ける渡り鳥や、死ぬまで休まず泳ぎ続けると言われるマグロなどの連続した運動を長時間し続ける生物の筋肉部分に多く含まれる成分で、人間の体にももともとあるものです。

 

イミダペプチドの成分を含んだ栄養ドリンクやカプセル、錠剤など様々な形で販売されていますが、イミダペプチドの疲労回復成分を感じるための効果摂取方法は含有率が重要になってきます。

 

イミダペプチドは一日に200ミリグラム以上摂取すると効果が現れるため、200ミリグラム以下の商品は効果が薄いと言えます。

 

多く早く効果が見られるのは400ミリグラム含まれた商品のため、長期間疲れがとれない方は多く含まれた商品をおすすめします。

 

錠剤やカプセルなどは摂取してから消化するまで時間がかかり、体に有効成分がまわるまで時間がかかるため、早く体に取り込みたい場合はドリンクなどの液体タイプが直接成分が筋肉や血液に働きかけるため、ドリンクタイプを購入する事も効果摂取方法といえます。

 

イミダペプチドは体だけではなく脳にも届くため、頭の疲労にも効果的です。