イミダペプチドの副作用や安全性は

イミダペプチドの副作用や安全性は

イミダペプチドとは、βーアラニンとヒスチジンというアミノ酸が結合した成分で、疲れやストレスなどによって体内に発生する活性酸素を除去できる独特な抗酸化作用を持っています。

 

体内に入ると一度酵素によって分解され、βーアラニンとヒスチジンになり、血流の流れに乗り、疲労している部分に運ばれていき、合成酵素によってまたイミダペプチドに結合されると疲労した部分を修復して回復させます。

 

その他にも、活性酸素を除去する作用により、老化防止や肌のシミやコラーゲンの破壊を防ぐ美容効果、脳の活性化や運動能力を向上させう効果もあると言われています。イミダペプチドの合成酵素は、脳内に豊富にあり、人間の脳を守る為の保護システムとして作用しているのです。

 

多くのメリットを与えてくれるイミダペプチドは、人の体の中にも存在している成分であり、鶏肉や豚肉、牛肉、魚などにも含まれていて、副作用もなく、安全性が高いことが判明しています。
人間に対しての安全性の試験も実施され、健康な男女にイミダペプチド1200mgが含まれた飲料を4週間飲み続けてもらっても、有害な副作用や影響は確認されなかったので、安心して摂取することができます。

 

イミダペプチドが多く含まれる食品には、鶏の胸肉や牛のモモ肉、マグロの赤身、カツオなどがあり、1日に鶏の胸肉を100グラムの摂取を1週間続けると、疲労回復に効果的です。